運命を変える技術

運命を変える技術

お薦めの理由

著者の加藤まさよし先生はメディア等にはほぼ顔を出されないので、一般的にはまったく知られていない先生ですが、霊能という分野でいえば知る人ぞ知る一級のサイキック能力で有名な先生です。(鑑定予約待ちも2年は待たなくてはいけないほどの先生です)

その先生が書かれた本ということで、いったいどういう内容なのだろうかと非常に興味が湧く一冊となっている。

実のところ、内容自体は、他のその手の本と比べれば、刺激的とは言い難い。一見すると、書いてある内容自体は、昔から誰かが話している内容だったり、世間一般的に当たり前に言われてきたことを淡々と述べていらっしゃる。他の書と違うのは、それらを霊的な視点から述べていらっしゃるという点に尽きる。

結局のところ、運を良くするにはどうするかと聞かれれば、昔から親が子供に言い聞かせてきたことに集約される。当たり前のことを言うしかなくなるのが本当のところだろう。ただ、それらの解釈について、人は皆正しく出来ているのだろうか。先生の2万人を超える鑑定結果を土台にこれらを霊的な視点から明確に、はっきりご説明されている。

つまり、本当に重要なことが間違いなく書かれているということだ。

新たな気づきが得られる一冊である。

 

本書に出てくるキーワード集

  1. 柳の枝のようにしなやかに生きる(=謙虚に生きる・謙虚は最大の武器)
  2. 終わったことは忘れる(昨日は過去の事・終わったこと)
  3. 修行という気持ちを持つ(人生が変わる)
  4. 肉体を虐げることで発生する我慢は自傷行為で修行ではない
  5. 人のために何ができるか考えること自体が修行
  6. 人間関係は修行
  7. 人は受信機
  8. 積極的な行動は占いを超える(行動で運命を変えられる)
  9. 守護霊は守ってもらう存在ではなく、喜ばせてあげることが大事
  10. 人を許す心(許せないならあきらめる心)・感謝する気持ち・努力する姿勢
  11. 全てに感謝
  12. 大筋では運命(台本)は決まっているが、時に応じて自分で選択肢から選べる(運命の選択肢にはある程度の幅がある)

 

読みやすさ 実用性 科学度 スピリチャル度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です